9月7日(土) 19:00~  演者:Plum梅子(佐々木亮)氏、新津竜一(サイガ)氏、岡田英之氏

甲冑に興味のある方、歴史に詳しくない方にも楽しく分かりやすく甲冑の見方や楽しみ方をご案内する、Plum梅子氏による「こはぜ会の鎧噺inちゃらぽこ」。今回は特別編として、ちゃらぽこで講座を開催いただいている3人の講師のトークセッションをお送りいたします!

語っていただくのは、「こはぜ会の鎧噺inちゃらぽこ」のPlum梅子氏、「地形から見る城跡・古戦場」シリーズの新津竜一氏、「さんぽ家のための江戸の旅講座」の岡田英之氏。

常に「疑問」を持ち「結論」を出す「判断力」を持っている三者。
しかし、その「判断力」は一つの形にはまっているかもしれない。
1人の意見に対して他の2人が違う「情報」を提示することで違う「結論」になるかもしれない。
また3人の登壇者のうち1人の専門分野に対して他の2人は素人であることで専門家的物言いを、簡単な言葉に修正して聞きに来てくれている人に伝える。
「結論」が「正解」か「不正解」かは不明ではあるものの、それを聞くことで、とある一つの「結論」に繋がる「過程」を共有できることは愉しいことと言えるかもしれない。

(鎌倉岡田文庫刊「新津談話」より引用)

そんなわけで、今回の『こはぜ会の鎧噺inちゃらぽこ』は ちゃらぽこ散歩講座の講師である岡田さんとサイガさんのお二人をお招きしてのトークセッション。
一領の甲冑を、「甲冑」「城郭・古戦場」「美術」の三分野の視点から分析します。

どんな話になるか、乞うご期待!!

予備知識は必要ありません。ちょっと甲冑の味わい方を知りたいというビギナーさんも、甲冑のデザインや機能に興味のある方も。お茶を飲みながらの気楽な会ですので、おしゃべり感覚でお気軽にご参加ください!

 

【協力】 (一社)日本甲冑武具研究保存会



9月7日(土) 19:00~
 2時間程度

散歩かふぇ ちゃらぽこ 小上がりにて

参加費 : 1500円(ワンドリンク付き。追加のご注文も別途承ります)

ご予約不要

 

講師 Plum梅子(佐々木亮)

日甲研 評議員  同会会報「甲冑武具研究」編集委員
同会本部青年会こはぜ(こはぜ会)取りまとめ役

■これまでのこはぜ会の活動■
2014年より『こはぜ会の鎧噺』を開催。
慶応大学同窓会(1992年三田会)で甲冑の着付け体験の実施。
『週刊ビジュアル戦国王』のネット配信番組への出演。

その他甲冑を扱った特別展での展示解説や日本甲冑武具研究保存会会員主催の甲冑の着付け体験の手伝いなど、少しでも多くの人に日本甲冑のことを知ってもらいたいという主旨で活動しています。

■こはぜ会の鎧噺で取り上げたテーマ■
・黒田如水の鎧のこと
・黒田長政の兜のこと(水牛編)
・黒田長政の兜のこと(一ノ谷編)
・源平合戦の頃の鎧のこと
・大坂の陣の鎧と軍装 ※歴史プロデューサー六龍堂と共同開催
・英雄達の象徴としての兜
・真田昌幸の鎧のこと
・松代真田家の鎧のこと ※岡田英之氏と共同開催

これまでの講座

2017年

7月「博物館で鎧を見てみよう☆」
9月「織田信長が活躍していた頃の鎧のこと」
11月「源平合戦の頃の鎧のこと」

2018年

3月「超入門編講座」
7月「武田信玄の兜のこと」
11月「甲冑を作った人たちのこと」

 

 

この講座に関する投稿