5月27日(木)19:00~
講師:稲村 行真氏

店内(定員5名)、オンラインで同時開催予定

状況により、日程を変更する可能性があります。

お申込み受付は、5月中旬ごろから、 Pass Market の専用ページで受付いたします。

オンライン講座についてはこちらでご確認ください


ライターで獅子舞研究家の稲村行真氏による新講座のお知らせです!

神社などでよく見かける狛犬。なぜ作られたのかご存じでしょうか? 起源は一説によると、古代オリエントで行われたライオン狩りや、城を守る門の両脇にライオンのように像を設置したことに始まります。

それが長い旅路を経て日本にも輸入され、狛犬という独自の形態が生まれました。

今では日本全国に分布しており、ウサギ狛犬、狛ウサギ、カッパ狛犬、狛虎、狛猿など数え切れないほどの種類があります。もはや犬と言えるのか怪しいものまであるのです。

これらは獅子舞の獅子や、沖縄のシーサーなどとも系統が似ています。

赤い口の狛犬

獅子舞の研究者である稲村氏が、「獅子舞と狛犬」という観点からその歴史と分布を解説。

堅い勉強会ではなく、コーヒーやお酒を飲みながらの気楽な講座です。専門知識は必要ありませんので、お気軽にご参加ください!

扉画像:喜多川歌麿が描いた獅子舞 出典・メトロポリタン美術館
画像提供:稲村行真氏


岩手のカッパ狛犬

千葉の狛犬(子供)

日時 :5月27日(木) 19:00~
(※ 状況により、変更になることがございます)

会場 : 散歩かふぇ ちゃらぽこ 小上がりにて
     オンライン同時開催(店内は定員5名)

参加費 : 1,500円(ワンドリンク付き。追加のご注文も別途承ります)
      オンライン参加は1,250円

ご予約は、5月中旬ごろから Pass Market で受付を開始します。


※ 状況により、日程変更やオンラインのみへの切り替えの可能性があります。その場合は、ホームページやSNS等でお知らせいたします。


講師 稲村 行真氏

ライター/フォトグラファー。昔の暮らしに興味があり、民俗・歴史・芸能などに関する記事を執筆中。
2019年より石川県などで獅子舞に関する調査活動を開始。散歩や歩くことも好きで、東京から石川までの500kmを2度踏破。

普段はライターとして活躍中の講師が、講座という場でリアルに語ります!

ホームページ 旅してみんか?  ショップ 加賀獅子舞

Twitter 稲村行真 獅子舞(@yukimasa3858)