講座や土の城散歩会を開催していただいております、戦国・城郭研究家にしてナワバリストの西股総生氏の本が、年末に発売されました!

図説 戦う日本の城最新講座

テーマは、「2017年の時点での“最新の常識”を城に興味を持った人や城歩きをはじめた人たちにわかりやすく」とのこと。

城にまつわる誤った、あるいは時代遅れの「常識」をただしつつ、48のテーマを講座風に取り上げています。そもそも天守とはどういうものなのか? 石垣の積み方は? といった基礎的な内容から、山城歩きのコツ、城跡の見方、さらには城跡をもっと楽しむための妄想の膨らませ方(?)などの応用編も。

専門書のみならず、土の城や山城歩きの入門書も数々執筆されていて、ぱきらのような万年初心者はいつも助かっておりますが(でも万年初心者ですみません!)、今回も講座の時のような軽妙な語り口で図やイラスト、写真も多く、楽しみながら読ませていただいてます。

これから城跡をめぐってみようかなという方や、いくつか行ってみた、という方も、読めば次の城歩きがますます楽しくなりそうです。
ちなみにすでに城マニアの皆さんも、とっても読みやすく取っつきやすいのでご家族やお友達への布教に使えそうです……!

現在ちゃらぽこで開催いただいている西股氏の講座は、「城跡」ではなく「鎌倉幕府」ですが、次回は今週木曜日11日の19時からです。

戦国の世に繋がる鎌倉幕府の武士政権のはじまりのお話。11月から始まり隔月第2木曜日に開催しています講座の、今回が第2回目となります。

ご予約は必要ありませんので、お仕事帰りにぷらりとお立ち寄りください!

新しい本にサインをご希望の方は、忘れずにお持ちくださいね!!

この記事の投稿者

ちゃらぽこ・ぱきら
ちゃらぽこ・ぱきらちゃらぽこの中の人
散歩&歩き旅が好き過ぎて、「散歩かふぇ」を作ってしまいました。東京・東高円寺の「散歩かふぇちゃらぽこ」店主です。街道歩きとか、東京散歩とか、古地図散歩とかしてます。庚申塔と子連れ狛犬と看板建築とラーメンが好物です。