城郭・戦国史研究家にして「ナワバリスト」の西股総生氏によるトークイベント! お茶やお酒を飲みながらおしゃべり感覚の、気軽な講座です。

今回のテーマは「江戸城」。

世界屈指の大都市であり、オリンピック/パラリンピックの開催地としても、注目の集まる東京。その東京において都市形成の起点となったのが、他でもない江戸城です。

そこで今回は、江戸城の成り立ちについて、地形と歴史から考えてみます。話の中心となるのは、もちろん戦国時代の江戸城。戦国時代の江戸城とは、どんなものだったのか? 徳川家康はなぜ、江戸の地を本拠としたのか? あらためて考えてみましょう。

あわせて、5月16日(土)13:00から、実際に現地を歩く江戸城散歩会を企画しています。講座と散歩会のどちらか一方のみでもご参加いただけます。
散歩会は予約制となっています。詳細はお知らせのページをご覧ください。【4月上旬ごろお知らせ&受付を開始します】

こちらの講座は新型コロナウイルスの影響により開催を見送ることにいたしました。予定に入れてくださっていた方には申し訳ありません。
再度企画したいと思いますが、日時等は未定です。予定が決まりましたらまたお知らせいたします。

5月の現地散歩会は現在のところ開催予定です。

ナワバリストのきまぐれ城講座「江戸城の成り立ちを考えてみる」

日時:4月11日(土)17:00~ 2時間程度

会場:散歩かふぇ ちゃらぽこ 小上がりにて

参加費:1,500円(1ドリンク付き。追加のご注文も別途承ります)


講師 西股総生氏

城郭・戦国史研究家、ライター。1961年、北海道生まれ。学習院大学大学院史学専攻・博士前期課程修了。 学生時代に「土の城」の縄張りに魅了され、城郭研究の道を歩む。三鷹市遺跡調査会・(株)武蔵文化財研究所などをへてフリーの著述業に。

自称・ナワバリスト。主著に『戦国の軍隊』『「城取り」の軍事学』『土の城指南』(以上、学研パブリッシング)、 共著に『超入門 山城へGO!』(学研パブリッシング) 『神奈川中世城郭図鑑』(戎光祥出版)ほか、城郭・戦国史関係の研究論文・調査報告書・雑誌記事など多数。

ちゃらぽこでのこれまでの講座

〈2015年〉

ナワバリストの気まぐれ城トーク

 〈2016年〉

「あのドラマ」をさらに楽しむための六文銭講座(12回シリーズ)

 〈2017年〉

北条を語らNight!

ナワバリストの気まぐれ城トーク

〈2018年〉

鎌倉武家政権成立史(6回シリーズ)

〈2019年〉

ナワバリストの気まぐれ城トーク「僕が菅谷館を菅谷城と呼ぶこれだけの理由」